亜杯など他

アジアカップ優勝しましたね。おめでとうございます。
実際のとこ、アジアカップの試合でキックオフから試合終了までちゃんと見たのは決勝だけだったかも知れないです。
ただ試合ごとに前進を感じる部分も多く、楽しめました。
サッカーにはテクニックもフィジカルもメンタルも全部大事なんだよな、という当たり前の事を再確認もしました。
ザッケローニの采配については、色んなところで色んな解説が出ており、見比べるだけで満足しちゃったような感じ。岩政投入後に今野をボランチに上げず左に回したのは何でだろ?と思ってたんですが、今野とピッチの選手による判断をザッケローニが受けたものだと聞いて、交代のモタつきも含め「へー、そういう事もあるのね」という新鮮な驚き。
戦術面で特にあれこれもないんですが、長谷部・遠藤という組み合わせは、ある意味で非常に「日本的」なのかもな、という感想があります。つまりそういうユニットをセンターに置くという前提からチームを作ってるところはアジアで他にないだろうな、というか。安定感あるセンターを軸にサイドのスピードと「縦に入れるパス」の質は、見るものが多かったなぁ。
オーストラリアも韓国も、あるいはカタールやヨルダンにしても、それぞれにストロングポイントは押し出したと思うんですけどね、そこを日本が完全に上回ったかというと、多分そうじゃない。けど少しずつだけど「ヨソが持ってない」ものは出してたんじゃないかなと。そういう差が結果に結びついたなら、今度はどう磨くか、という話になるのであろうし。
個別の選手については、まあ色々とあるんですけど。本田のMVPは、良いんじゃないでしょうか。異質な存在感があったし。重さと軽やかさの不思議なバランス。香川の怪我は残念でしたけど、やっぱ賢い選手だなぁ、と思ったり。あとは長友かな。ちょっとスペシャル。李は最後決めたとこの素晴らしさもそうなんだけど、そこまで我慢してあそこでベストのプレーをしたという、その集中力かな。
楽しかったですし、この先も楽しみが出てきましたね。

ヴェルディは宮崎キャンプが火山噴火の影響で中止になり、出だしから大変そうです。
新しくスポンサー決まったり、新しい選手も来たりで楽しみ増えましたね。開幕前にじっくり見に行きたいな。

もう2月かぁ。
|

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31