リスタート

震災の影響による中断期間を経て、Jリーグ再開。とはいえ。
気分的なものはやはりだいぶ、構造というか、在りようを変えてしまっているので、サッカーがある、というだけで、喜ばしいというより、ホッとするという感情に近く。
そういう意味では、試合に対してちょっとぬるめに見ているなぁ、とは自分でも思いました。

駒沢は初夏を思わせる陽気。暑い。
対戦相手は愛媛。いつも苦戦している印象があるので、今回もどうだろう、と思っていたら、まあその通りにねー、という。1-2で敗戦。特に前半はパスミスから崩れて持ち込まれ、愛媛の斎藤をつかまえるのに苦労してしまったというのがそのまま失点に。やれやれ。

個別にはボランチユニットを変えてきていて、小林と富澤の組み合わせ。
ただ問題かなー、と思ったのはその後方、深津と土屋のCBに関しての方かな、と。深津はまだ少しバタバタしたプレーがあり、土屋についてはキレがないというか、より厳しく言えば「鈍い」という印象を受けたというあたり。
小林も一応、ゲームの中にはそれなりに入って、淡々とプレーしていたとは思うのだけれど、率直に言うと淡白で、ユースの試合で見せているような際どさがない。チャレンジするパスやドリブルに乏しく、そういう意味ではやはり少し緊張していた、というか慎重に構えてしまったのかな、と感じました。
森の左サイドバックに関しては、チームからの異物感がすごい!という感じなんですけど、これがポジティブなものと言えるかどうかはギリギリのところ。1対1の局面ではほぼ完勝というか、実際、仕掛けて奪われてカウンター、みたいな場面が皆無に近かった事を考えるに、これはこれでアリとするのもまた一興、とは思うのですけれども。あといちいち右足アウトサイドでクロス入れるのもどうなんでしょ。やっぱ左はやりにくいですかね、という。福田は福田でいつも通りの仕事はこなしてるので、まあ多少の事には目をつぶって、このまますり合わせていくほうが手っ取り早くて強いだろな、みたいな感想はあまり変わりませんかね。それなりに2人とも経験あるので、どうにかするでしょちゃんと、という。
とはいえ愛媛ベンチがそれなりにこちらの両サイドを脅威に思っていたのは間違いなかろう、というのは交代策にもあらわれていて、中盤に渡邊を入れてこちらのボランチに圧力をかけつつ、左の斎藤、右の赤井でそれぞれ両サイドバックを見るようにしてきたわけですが、結果的に攻撃的な両翼の自由度が落ちて、カウンターの脅威が若干和らいだ結果、中盤がボール支配しやすくなったんだけども、という。ヴェルディとしてもボールを保持した状態で攻め、愛媛はどの程度意図してかはともかくブロックを下げた守備に移行せざるを得なくなったので、回すヴェルディと跳ね返す愛媛という構図が最後の方はずっと続いてたわけで。結果オーライ感もあるなぁ、という。
こういう状況の攻め口について、ひとつは中央から相手のミス狙いでこじ開けにかかるのも、ありっちゃありだと思うわけです。特に平本や河野はそうした「一発」の効用を良く分かってるので。高木も何とか顔を出そうとはしてたし、マラニョンにしても阿部にしてもペネトレイションを狙いながら、という部分では仕掛けもあったし。ただそのためにはミドルシュートなどを含めてボランチ辺りがもう少しリスクとってプレーして欲しいし、その面で小林が物足りなかったのが残念かな。菊岡は目配りが効いてたけど、効果的とまでは言えず。全体にもっと運動量を上げて、仕掛け直しを繰り返すというしつこさは必要だったと思います。

で、まあ次はどうしましょ、という感じなのですが。
意外とどうにかなりそうな感じもしてるんですけど、その面ではむしろ若い連中が「自分がやる」という部分で強い意志を示して頂きたいものだと、そのように思うわけです。

とりあえずサッカーが日常に戻ってきた事を喜びつつ、やはり少し雰囲気が変わったスタジアムの中で、徐々に、徐々に。
|

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31