Jリーグ20周年ですか。

月日が流れるのは早いもので。ちなみにこのブログもさらっと半年間放置して参りました。

J開幕戦ってどうだったかなぁ。テレビで見てたのは間違いないと思うんだけど。あのころの試合の記憶をたぐってみると、大体ロッサムとハンセンの区別がつかない程度にはアレです。はい。ペレイラ大先生はともかく。

で、まあ、現状のヴェルディはと申しますと、J2暮らしも長くなり、陣容も大きく変わりまして、それでも何とかかんとかやっているあたり、これも継続は力なりと言うのでしょうか、などと無責任な事を考えもします。

今年のチームが「強いか?」と聞かれたらかなり疑問がありますし、「守備が堅い」と言われてもかなり疑問がありますし、という中で、それでも高原の張り切ったプレーを見るとなかなか胸が熱くなるものがあり、飯尾の頑張りであるとか、佐藤の奮闘であるとか、福井の活躍を見るにつけ「ええのとったわ!っていうかむしろ何でこれ一度放出したんや!」とか、こう、一喜一憂感はそれなりにあって楽しめているのも事実であります。

まだチームスタイルに関しては「おぼろげ」としか言いようのないものながら、時折見せるスタイルの片鱗のようなものについては、それなりにポジティブな印象を持っております。ですが現実問題としては、まだ守備のタスクをきちんとこなすところで一段落、という感じであり、まあ、もっと上げていけるのかどうか、見守っていきたい気持ちでいるところです。

もう少し気が乗ったら、テクニカルな部分もビデオなど見ながらじっくり検討したいなと思うし、れだけの価値があるチームだとも思うんですよね、今年。これがJ1で通用するかどうかという話にはそれほど興味がなくて、ここで見せようとしている三浦監督の目指すスタイルやポリシーというものが、果たしてどこに辿り着くんであろうか、という点には興味を感じるわけです。つまりそれだけ興味を持てる監督ではあると。今のところ。

とりあえずまたあらためてじっくり見ていきましょう。って言ってるうちにシーズン3分の1が終わってるんですけどもね。はい。最後までガンバリマショウ。

あと、李国秀オフィシャルブログが更新のたびに面白いんで、担当しているMさんのさらなる突っ込みと今後のディープな展開を深く祈念するところであります。

|

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31