そろそろ2015年シーズンも開幕なわけですが

シーズンチケットが届きました。
あけましておめでとうございます。()

さて。

ランドにトレーニングマッチを何度か見に行く機会もありまして、それなりに今年のメンバーとか状況はつかんだ気がします。去年の様な完全な手探りと言うか、暗中模索な感じはさすがに薄まり、とりわけ守備の部分についてはある程度計算が立つのかな、という印象。

新しいカピタンとなった井林が非常に自信を持ってプレーしているのが見受けられ、そこは安心感があるなと。カバーと空中戦ではやはり質が高く、佐藤と共に今年も守備の軸ですよね。佐藤も良いです。相変わらずシュートブロックの質は高いし、フィードの質もGK3人の中では一番良い。ここは安心していられる。井林とセンターバックでコンビを組むことになりそうな新加入のウェズレイですが、悪くはないかな、という感じ。ラインからブレイクして人にアタックするのが早めな感じで、それはそれでギャップが出来るのとファウル増えそうな印象はあるものの、一方で体格に見合わず加速が良く、思ったよりもスピーディーなプレーが出来るなというのは意外でした。ただセンターバック2人が攻撃の起点になっているかというとうーん、というところで、ここからもうちょっと質のいいボールが出ないと速い攻めは難しいのでは、と思うところも。

ニウドが抜けたところをどうするかなと思っていたボランチは、今のところ中後を軸に、三竿を起用していく模様。三竿はサイズもあるし、守備でも貢献しているし、そこは良いんですが、やっぱり判断の部分は遅いかなという感じ。中後と組むことである程度は何とかなるという判断なんでしょうけど、やはりここは我慢するシーズンになりそう。三竿がちゃんと目論見通りの成長を遂げれば、戦力的には大きいですしね。ダメでも田村いるし、という思い切りは出来るし。フィジカルがあるとは言え、さすがにニウドみたく「相手ボールになりそうなところをムリヤリむしり取る」みたいな守備があるわけではないので、前で奪うというところはもう少し時間かかるかなと思います。中後は良くも悪くも今年も中後だろうと思うので、まあ大丈夫なんじゃないかな。(?)

注目の前線ですが、新加入のブルーノを中軸に南を左ハーフにおいて、アランを右に置いた平本のワントップと、平本・アランのツートップをそれぞれ試している模様ながら、ここはまだどうかな、というところ。ブルーノは思ったよりもフィットしていて、パスやキープ力など求められた能力に加え、高さという点でも貢献度高く、後ろからのボールをよくフリック・オンしてつなげているので、ここで前が上手くスペースを使えれば良い攻めできそうな気配はあるものの、今のところは芳しくない印象。アランも南もどちらかと言えば足元にもらいたがるし、平本も下がってきての守備や前線でのキープでは良いところを見せつつ、中盤とは少し距離が開いたプレーになってるかな。組み合わせには悩みそう。

もうひとつは両サイドバックの安西・安在が固定されていて、まあそれは当然として、問題はハーフがそういう組み合わせであることから、2列目と上手く絡んでの広い攻めがあまり出来てないと。サイドバックが攻撃参加してワンツーから最終ライン裏のスペースに出て、とか、2列目がライン際でポイント作ったところをインナーから追い越していくとか、あんまりそういう形が見られないのがちょっとどうかなと。せっかく上がってきても、ペナ角あたりで相手のサイドバックかボランチとの1対1(や1対2)に勝たないとクロス上げられない、という状況が多く、攻めを厚くする部分では不十分。これが時間と共に解決していくのかと言うとちょっと疑問で、もっと単純に中央の厚さを利用してアーリークロスで勝負していくとか、そういう選択はありそう。ただどちらかと言えば、サイドハーフにもっと単純にスプリントできる選手、例えば杉本であったり大輔であったりを固定して使っていった方が分かりやすいんじゃないかな、という気はします。
さらに言えば、そういう状況とセンターバックから出るフィードの質が相まって、最終ラインから対角線の長いフィードを使って一気に攻めるとか、あるいはボランチからワイドに展開して相手を広げてから中央を使うとか、そういう攻めの部分は物足りなく感じ、ここは改善されるのかなあ、という点も少し気になりますね。

アランやブルーノの起用法はまだ多少の試行錯誤がありそうで、ブルーノをボランチで使ってみたり、あるいはアランを平本と2トップにしてブルーノを右ハーフに置いたりしてますが、どちらもやや守備面での問題が出てしまうなと。ブルーノがサボっているというより、自分なりに頑張ってるけど、やはりあっさりしてるというか、時々後ろが予測してないタイミングでマークを放してしまったりとか。だったら中央に置いた方がまだ良いんではと。ただボランチでは日本の切り替えの早いゲームに対応するのは今の時点で厳しいと。アランも守備で言えばどっこいなのと、キープ力ではもうひとつ淡白なところも見えて、ワントップにすると中央の守備に大穴が空きそうという感じもあり、例えばフッキ・ディエゴラインの再現的なところを狙うなら、両ハーフはもっと上下動の出来る選手を置かないとまずいわな、という考えにいたってしまいますね。

とはいえ、今年の編成だとセットプレーについてはオフェンス・ディフェンスともに良くなりそうという印象はあって、単純に高さの面で言えば、井林・ウェズレイ・三竿・ブルーノ・アラン・平本あたりまで加わってプレーできるのは大きいですね。(大きい)。セットプレーキッカーは中後と安在、杉本あたりも蹴りそう。直接ならブルーノもありそう。崩して取れないならフリーキックやコーナーキックの質を上げて、1点勝負していくというのは今のチームでも現実的な選択肢となりそうな感じ。

控え組としては杉本がコンディション上がってくれば厚みが出るし、他にも大輔と北脇もキレのあるプレーを続けてるのが好印象。田村はシーズン通して重要な存在になるだろうし、新加入の渋谷も怪我があって出遅れたものの、他の選手にはない感じのプレーを出しているなと。センターバックは誰が出てもそれほどダウンはなさそうなので、福井を左サイドに固定できそうなのが良い。澤井がもうちょっと元気出してくれないと競争が激しくならないので頑張ってくださいと。まあそれぐらい。永井社長とかほぼほぼコーチだし。編成が少数なので誰が出ても戦えないと困るわけですけど、その点で言えば今年はそれなりに計算が立ちそうなのは救いですね。

冨樫監督まだまだ苦労してる感じはありますが、チームとしてのポテンシャルはありそうなので、まあ前半我慢からの後半勝負になりそうだなあと。

頑張ってください。

|

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31